TOP

1943年から始まったミャンマーとの繋(つな)がり、そして今。

 

私たちとミャンマーを繋(つな)ぐ物語は、1943年(昭和18年)から始まります。

そこで生まれたご縁が、世代を超えた2014年(平成26年)に繋がっていきました。

2014年、私がミャンマーへ渡ったのは、祖父が戦時中に過ごした地をこの目で見るためでした。そこで必然のようにすべて繋がり、私は多くの現地の仲間たちとミャンマーコーヒーと出会うのです。

仲間たちに導かれ、コーヒー農園を訪れた際、その村の長老にこう言われました。

「あなたは、私が約70年前に、旧日本軍の兵隊を見て以来の外国人だ。ここを70年ぶりに訪れた外国人が、日本人のあなただった。」

そのコーヒー農園のある村は、外国人が先の大戦以来訪れておらず、約70年ぶりに現れた外国人が私だったのです。

村の貧困の現状やコーヒーについて、そのとき多くを学びました。

私はこのご縁は必然で、私は彼らと共にやらなければならないことをその地で知りました。

これが私とミャンマーコーヒーが繋がる始まりだったのです。

私はそこからすぐに、ミャンマーでの生活を始めました。

2014年当時から現在までこだわっていることは、私一人で現地の村、農家を訪れ、交流を続けることでした。

これには、いくつかの理由があります。

ただ買い付けで訪問するだけでは、ただの"日本人のお客様"で終わってしまうし、支援にもならない。

現地で数年生活することで、お互いの信頼を生んだのです。

そこから自社・契約・支援農園と展開が広がったことは、私にとって幸運なことでした。

私たちが2014年に現地ミャンマーの仲間たちとミャンマーコーヒーを始めた頃は、ミャンマーコーヒーに携わる日本人はほとんどおらず、2015年1月に私たちが日本で初めてパッケージ商品を輸入し始めたことで、その数年後からミャンマーコーヒーの認知度が上がるきっかけとなりました。

当時日本で無名だったミャンマーコーヒーを知っていただくには、本当に多くの苦労がありました。毎週のようにイベントに出ては試飲会をおこない、お取引先様のご協力やミャンマーコーヒーを愛してくださる方々が増えてきたこともあって、ここまでくることができました。ミャンマーの仲間たち、世界中のお客様、ご支援いただいた方々、お取引先様、そして私たちのミャンマーコーヒーを愛してくださるすべての皆様に感謝申し上げます。

私たちのテーマである"繋(つな)ぐ"。

日本とミャンマーのため、関わってくださった皆様のために、今後もこの活動を継続し、次の世代に繋いでいく所存です。

                              株式会社フィーリングマン

代表取締役 市川靖高

ニュース

2023年01月24日
【新商品のお知らせ】「サイボーグ009 スペシャルティコーヒー」
2023年01月17日
【新商品のお知らせ】「サイボーグ009 スペシャルティコーヒー」
2023年01月10日
【新商品のお知らせ】「タイムボカン ダイナモンドのスペシャルティコーヒーだペッチャ」が、本日1月10日(火)発売開始!!
2023年01月01日
【新商品のお知らせ】「タイムボカン ダイナモンドのスペシャルティコーヒーだペッチャ」が、1月1日(日)Amazon.co.jpにて、予約受付開始!!
2023年01月01日
新年のご挨拶
» 続きを読む